【自宅で】スキンタッグの治し方・予防法|首や顔を自分でキレイに!

MENU

スキンタッグの治し方は手術しか方法がない?

スキンタッグとは、皮膚の老化によって角質が蓄積されて出来るイボのことです。スキンタッグの治し方として、皮膚科での治療を検討されている女性も多いです。

 

ですが、スキンタッグの治療にはデメリットもありますので、できれば自宅で何とかしたいというのが本音だと思います。デメリットには、「通院の面倒さ」「痛み」「治療費の高さ」などが挙げられます。

 

例えば、スキンタッグの治療法として2つ紹介するなら・・・

 

液体窒素

液体窒素は、イボに液体窒素を当てることでスキンタッグを除去する方法です。保険が適応されるため安く治療できます。ですが、数ヶ月にわたって通院が必要なことと、痛みが伴います。そのため、できればやりたくない治療法だと言えるでしょう。

 

レーザー

レーザーによってスキンタッグを除去する方法です。比較的キレイに除去することができます。ですが、保険適応外であることが多く、治療費が高くなります

 

スキンタッグは予防が大切!!

スキンタッグは皮膚の老化によって起こります。そのため、しっかりと予防することが大切です。予防をしなければ、「出来ては病院で除去してもらう…、出来ては病院で除去してもらう…。」を繰り返すことになります。

 

スキンタッグの予防のポイントは「紫外線対策」と「保湿」です。

 

紫外線は皮膚の老化を加速させます。そのため、紫外線対策を行っていないとスキンタッグができやすいお肌になっていきます。

 

また保湿が十分でないことも、皮膚の老化を早める原因になります。そのため、しっかりとお肌を保湿するようにしましょう。

 

ポツポツ専用クリームがおすすめ!

ポツポツ専用クリームが販売されています。それらのクリームを使うことで、ポツポツを対策することができます。

 

20160121追加

特徴
  • ポツポツケアNo.1!23万個も売れているクリーム!
  • ポロリ成分のアンズハトムギエキスを配合!
  • ポツポツも美容もコレ1つ!オールインワンジェル!
評価 評価5
価格 【WEB限定!】 4,101円2,052円

シルキースワン

特徴
  • ポロリ成分たっぷり!首元専用美容ジェル!
  • 首ケア化粧品ランキング第1位!
  • リッチで上品な香りバーベナの香り!
評価 評価5
価格 【特別ぺージ申込み限定!】5,400円 1,777円

アンミオイル

特徴
  • パルミトレイン酸が皮膚を柔らかくなめらかな肌に!
  • 厳しい安全基準検査をクリアしたオイル!
  • 杏仁の力で集中スキンケア!
評価 評価5
価格 【WEB限定!】1,340円 980円

 

スキンタッグにまつわる用語集

スキンタッグとは?

スキンタッグとは、首や胸の上の辺りに良性の腫瘍のことを言います。大きさは1ミリ〜3ミリ程度のものが多く、赤みがかかっていたり、ほくろに似たように黒くなっているものもあります。

 

スキンタッグの中には、ごくまれに大きさが10ミリを超える大きなものがありますが、そこまで大きくなってしまうと除去するためには病院に行って除去する必要が出てきます。
ちなみに、首にできているスキンタッグのことを、首イボとまとめて呼んでいます。

 

また、スキンタッグは加齢とともにできやすくなることから、30代を超えた辺りからスキンタッグができ始めたり、更年期を迎えてから急に数が増えだすことがあります。スキンタッグができても痛みや痒みはありませんし、良性の腫瘍ですので放置しておいても大きな問題にはなりません。

 

しかし、スキンタッグを放置しておくと、服を着るときの摩擦やアクセサリーをつけているときの摩擦によって、どんどん数が多くなって見た目も悪くなっていきますので、早めに対策をしておくのが賢明です。

 

スキンタッグの取り方はいくつかの方法がありますが、ジェルやクリームを直接塗って角質と一緒に取る方法や、ハサミを使って取る方法など、自宅にいながら取る方法があります。もちろん、病院に行って取ることもできます。

 

ヨクイニンとは?

スキンタッグは首に出来るイボの事で、良性の腫瘍です。スキンタッグは老化現象の一つで加齢が主な原因となって生じます。このスキンタッグにはヨクイニンが効果的と言われているのですが、ヨクイニンとはハトムギが原料の生薬です。

 

何故ヨクイニンがスキンタッグに効果を発揮するのかと言いますと、イボはお肌が正常にターンオーバー出来ていないことから生じるのですが、ヨクイニンはお肌のターンオーバーを正常にする働きがあります。

 

本来肌は28日周期で新しい肌に生まれ変わります。これをターンオーバーというのですが、ターンオーバーが正常でないと、古い角質が残ってしまい、イボの原因となります。しかし、ヨクイニンはこのターンオーバーを正常に整えてくれるので、古い角質を体の中から排出してくれます。

 

古い角質が原因のスキンタッグのイボでしたら、ヨクイニンが適しています。また、紫外線によりスキンタッグが出来ることもありますが、紫外線によってダメージを受けたお肌も、正常なターンオーバーにより新しいお肌に生まれ変わります。

 

古い角質にせよ、紫外線のダメージにせよ、正常なターンオーバーで新しいお肌に生まれ変わるお手伝いをしてくれるヨクイニンは、スキンタッグにも効果的です。

 

アクロコルドンとは?

イボと一言で言っても、たくさんの種類のイボがありますが、アクロコルドン・スキンタッグと呼ばれるイボはどのようなイボなのでしょうか。こちらのアクロコルドン・あるいはスキンタッグと呼ばれるイボは、年齢とともに、首回りなどに増える小さなイボを指します。

 

アクロコルドンは、盛り上がっていない褐色のイボを指し、大きさは小さい大きさになります。スキンタッグは、皮膚の上に盛り上がっているイボになり、アクロコルドンよりも大きいイボになります。

 

これらは、だんだんと数が増え続けていき、首やわきの下などを中心に増えていきます。目立つ部位であるため、洋服でチクチクしたり、気になることも多いイボになります。なる、という方も多くいらっしゃいます。

 

首のイボの多くは、非感染性です。こちらの、アクロコルドンとスキンタッグですが、主に中高年ででき始めることがほとんどです。しかし、20代からできることもあります。直接の原因はよくわかっていませんが、皮膚の薄い部分にできやすいイボとなっています。

 

良性腫瘍となりますので、日常生活に問題がない限り放置をしておいても問題はありません。しかし、洋服やアクセサリーでこすれてしまうと、かゆみが生じることもあり、炎症を起こしてしまうこともあります。

 

老人性イボとは?

首にポツポツと目立つイボができて悩んでいる…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらの首のイボは、茶色い色をしていることが多く、主に中高年の方にできやすい老人性イボとなります。

 

イボといっても、さまざまな種類のイボがあります。主な老人性イボであるイボには、良性腫瘍には、アクロコルドンとスキンタッグがあります。老人性イボには、こちらのアクロコルドン・スキンタッグのどちらかであることがほとんどであるといわれています。

 

アクロコルドンのイボの大きさは小さいのに対し、スキンタッグの大きさは大体1〜3ミリ程度の大きさになります。アクロコルドンよりもスキンタッグは、やや大きいイボであることが特徴です。

 

色は、褐色色をしていることが多く、目立たない大きさであったとしても複数のイボが次々にできることが多いです。アクロコルドンは、小さいのであまり引っかかることはありませんが、スキンタッグは、皮膚から飛び出していることが多いので、ネックレスなどのアクセサリーが引っ掛かってしまうこともあります。

 

ひどい場合は、炎症を起こしてしまう可能性がありますので、見つけた場合には、皮膚科で治療をすることが必要です。自分で潰してしまった場合には、痕が残ってしまうこともありますので、注意が必要となります。

 

角質粒とは?

角質粒とは、肌の老廃物などが蓄積されて皮膚の下に集まったものを指します。角質粒と同じようなものに、イボがあります。イボは、皮膚の上に盛り上がっている物であるのに対し、角質粒の場合は、肌の老廃物などが主に蓄積されているものになります。

 

角質粒は、老廃物が蓄積されて出来ますが、時には紫外線などが影響し、身体のシミなどが進行してできる場合もあります。角質粒は、イボとは違い、最初はザラザラとした質感であり、小さな膨らみであることがほとんどです。このため、ポツリと盛り上がっていますが、気が付かないこともほとんどです。

 

しかし、進行するとスキンタッグなどのイボになってしまうこともありますので、注意が必要であるといえるでしょう。角質粒が複数皮膚の上に点在しているという場合には、これがスキンタッグに進行してしまうことがあります。特に首元や、わきの下など、皮膚の薄い部分には注意が必要であるといえるでしょう。

 

スキンタッグを予防するためには、自分の体を日頃からチェックすることが必要です。角質があり、ザラザラが気になる場合には、早めにケアをすることです。
老廃物が原因となりますので、お肌の老廃物を綺麗に除去するなど、普段から清潔にしておくことが防止するコツであるといえるでしょう。

 

ポツポツ対策専用クリーム

 

 

スキンタッグにまつわるコラム

スキンタッグ以外にもある!イボの種類

首は、自分でじっくり見ることが少ないので、気がつかない間にイボができてしまうことが多い部分です。イボの種類は、その大きさによって分かれ、呼び方(名称)も変わってきます。

 

主に顔にできることが多い「脂漏性角化症」もイボの種類のひとつです。頬などの、紫外線をよく浴びる部分にできやすいため、パッと見た感じはシミやホクロのように見えるのが特徴です。加齢によって発症すると考えられており、良性の腫瘍であるため、ガンになる心配はありません。

 

「アクロコルドン」は、加脂漏性角化症と比べると突起が大きく、大きさは2〜3mm、首や胸など、皮膚の柔らかい部分にできやすい細かいイボで、多発する傾向があります。肌色で目立たないため、知らないうちにできていることが多いイボの代表格ですが、ウイルスによるものではないので、感染する心配はありません。

 

アクロコルドンより突起の部分が大きくなったイボは、「スキンタッグ」と呼ばれます。首にできることが多く、見た目にもイボと認識できるものですが、良性の腫瘍なので、そのまま放置していても問題はありません。

 

アクロコルドンやスキンタッグが病変して、少し大きくなったイボは「懸垂性線維腫」と呼ばれます。垂れ下がったように見え、はっきりとイボとわかるもので、高齢になるほどできやすくなります。懸垂性線維腫もイボの種類としては良性で、ウイルス性はないので、他人に感染することはありません。

 

スキンタッグの原因とは?

スキンタッグとはイボの種類の一つであり、中高年の方にできやすいイボの種類となります。こちらのスキンタッグは、イボの中でも小さなイボで、大きさは小さいサイズであり、無数に薄い皮膚にできやすいイボです。

 

首回りやわきの下にできやすいのが特徴で、良性腫瘍となります。日常生活に問題はありませんが、時には炎症を起こしてしまったりすることもあります。洋服やマフラーなどでこすれてしまったり、アクセサリーなどが引っ掛かってしまうこともあります。

 

身体にイボができてしまうと悩んでしまいがちですが、こちらのスキンタッグの原因として、どのような原因が考えられるのでしょうか。スキンタッグの直接的なメカニズムや原因というものは、今のところはっきりとは分かっていません。

 

しかし、肥満の方にも多いといわれていますので、皮膚の刺激なども一つの原因ではないかといわれています。また、中高年の方から、老人に多いことから老人性イボとも呼ばれています。このため、年齢的な病気であるという風にみられています。

 

もう一つの原因としては紫外線が原因ではないかという風にも言われています。夏の紫外線の影響を受けやすい首元に特にできやすいことから、紫外線対策をすることで、ある程度防ぐことができるのです。

 

ポツポツ対策専用クリーム